<< 【ドラマ】真昼の悪魔 | main | 【英会話】子ども専用・オンライン英会話【ハッチリンクジュニア】 >>

【映画】ホロコースト アドルフ・ヒトラーの洗礼

0

    JUGEMテーマ:映画

     

     

    ホロコースト アドルフ・ヒトラーの洗礼 - 2002年、フランス・ドイツ・ルーマニア・アメリカ

     

    (原題: Amen.

     

    役名 俳優
    クルト・ゲルシュタイン ウルリッヒ・トゥクル
    リカルド・フォンタナ マチュー・カソヴィッツ

     

    時間:126分

    ナチス親衛隊員ゲルシュタイン。ヒトラー独裁政権が始めた強制収容政策に駆り出された彼は、ポーランドの施設でユダヤ人が毒ガスにより処刑されているのを目にする。一軍人として正面からそれを阻止できない彼は、ベルリンのカトリック教会に一切を打ち明ける。だが、司教はその告発を無視。唯一、耳を傾けてくれたのは、若き神父リカルドのみだった。苦悩の末、彼らはひとつの解決策を講ずるが・・・

     

    戦時中、ドイツ軍によるユダヤ人のホロコーストが行われていた頃の時代背景を描いた作品。

    当時、600万人(推定)もの人をユダヤ人を虐殺したと疑われる暗い歴史がドイツにはある。

     

    ゲルシュタインは、化学者であったが、自身が製造した薬が処刑に使われていることを知り、

    事実を告発してやめさせようとするが、友人はおろか、教会、アメリカの技官など皆及び腰。

    時の権力(ヒトラー)にたてつくことが自身や家族を危険にさらすことになること暗に脅されるが、

    それでもなんとか辞めさせようと、奔走する。

     

    残酷な場面は直接描かれてはいないものの、列車で何人もの人が連れ去られている場面

    女の子が服を脱がされ部屋につれて行かれる場面、その外で車のエンジンを噴かせてパイプでガスを送り込んでいる、

    薬を煙突から入れて虐殺が行われている倉庫を覗き穴から見て顔を背ける将校の様子などから、

    そこで行われたであろう行為の悲壮さに嫌な気持ちになる。

     

    教会の長老達が保身に走る中、若い神父リカルドだけが、ゲルシュタインに共感する。

    一緒に助ける方法を模索するも、最後は父や司教までもが事実から目を背ける判断を下す。

    絶望したリカルドは、ユダヤ人とともに収容所へ行くこをと選ぶ。

    虐殺を辞めさせようとしていたゲルシュタインも、戦後は罪を着せられ自殺。という悲しいエンディング。

     

    戦争下では、体制側に付き、積極的に虐殺を指揮していたゲルシュタインの同僚は戦後は、

    イタリアの教会に助けを求めている。

     

    やるせないエンディングだったが、ゲルシュタインの資料や報告が後々歴史の事実を明るみにした。

     

     Kurt Gerstein

     

    戦争下(余裕のない状況では)その人の本当の姿が試されるものだと思う。

    他人に疑心暗鬼になったり、権力に従順になる(思考停止)ことを選んだり。

    仮に、積極的に権力者に協力しないまでも、見て見ぬふりをする人がほとんどだろう。

     

    そんな時に、見つかれば、自分の身に危険が及ぶことが分かってでも、ユダヤ人を助けようとした

    気高いドイツ人もいたのだ。

     

    戦争の怖さは、人をこのように醜い蛮行に駆り立てることだろう。

     

    程度の差こそあれ、戦時中はどの国でも蛮行が行われいてる。

    ドイツだけではない。日本でも、捕虜への人体実験が行われたり、セルビアでも捕虜への虐待が行われていた。

    虐待を経験したユダヤ人ですら、今は、イスラエルでパレスチナ人を虐殺している。

    慰安婦問題だって、日本だけではなく、戦争中はどこでも起こっていることだ。

     

    戦争映画は、暗い気持ちにさせるが、教育的効果も高いと思う。

    このような事実が起こったことから目を背けないことが戦争を回避するひとつの方法だろうと思う。

     

     

    https://www.imdb.com/ (←海外映画のデータベース)

     

     

    1ヶ月無料お試し【FODプレミアム】 ← FODに登録すれば、無料で観られます。

     

     



    スポンサーサイト

    0

      • 2018.09.06 Thursday
      • -
      • 03:29
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      PR
      calendar
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << September 2018 >>
      今日は何の日
      selected entries
      categories
      profile
      search this site.
      archives
      recent trackback
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM
      JUGEMのブログカスタマイズ講座