【読書】子ぎつねヘレンがのこしたもの

0

     

     

    JUGEMテーマ:読書

     

     

    さるくん(8歳)の夏休み用の読書に選んだ本。

    道路脇にたたずんでいた子ぎつねを保護。目も見えず、耳も聞こえない。

    野生で生きていく上で致命的な欠陥を背負った子ぎつね。

    野生で傷ついた生き物は、「死」が待ち受けている。
     

    獣医である著者のところへは、傷ついた野生動物が運ばれてくる。

    野生動物の場合、治療費ももらえないし、世話も大変だ。

     

    重度の障害を負っている場合、「安楽死」もよぎる。

    面倒をみることへの葛藤についても描きつつ、愛情深い奥さんや著者自身もほおっておけず引き取る。

     

    そうやって、これまでも何十匹の野生動物達の死に場所になってきた。

    子ぎつねヘレンも瀕死の状態で連れてこられた。

    来た当初から、食べることも拒否し、死に急いでいるようなヘレンに根気良くミルクや肉を与える。

    また、心に障害を持った足としっぽのない親ぎつねと対面させ、心を開かせようとする。

    育てていくうちに、「抱っこ」するとすやすや気持ち良さそうに眠ることや、えさが食べられるようになる。

    ある日散歩に連れ出した時、ヘレンはパニックになってしまい、自傷行為を行う。
    野生動物は普通野生に連れだすと、喜ぶのだが、目が見えなく、耳の聞こえないヘレンに取っては恐怖でしかなかった。

    著書は、自分自身も目隠し、耳栓をつけて同じような体験をすることによってヘレンの気持ちを理解しようとする。

    そんな二人の献身的な世話の甲斐もなく、ヘレンは1ヶ月で亡くなってしまうのだ。

    ヘレンを通じて、命の尊さ、野生の厳しさ、愛情、死などについて、考えさせられるストーリー。

     



    【絵本】おばけのおうちいりませんか

    0

       

      JUGEMテーマ:読書

       

       

      子どもが喜ぶ、とってもかわいいお話です。

      おばけたちが住む「古いおばけ屋敷」を売却して豪華な家に住み替えたいと画策するおばけたち。

       

      うわべだけ、豪華に見せた家に、お金持ちの風貌をしたおじさんがやってくる。

      気味の悪いおばけ屋敷を模様替えして豪華に見せる方法も面白い。やっつけの、リフォームなのでボロがバレそうでひやひや。

       

      しかし、おじさんは見学の末家を購入してくれるこになる。大喜びのおばけたちは受け取った大金を持って遠方へ逃亡。

       

      ところが、そのお金を確認すると、落ち葉だったというオチ。

      おじさんの正体は狸だったのだ。

       

      http://www.ehonnavi.net/brows/actibook_no87459/_SWF_Window.html

       

       

      The ghosts try to sell their old house to someone so that they could earn money to buy a new cozier house. In order to make the house look gorgeous, the ghosts decorates the house with ideas, that are really fun! Than, a rich looking man came ho have a look at the house and he liked it and pay it in cash.The ghosts are really happy to get the money, thinking that they have deceived the man completely!
      However,  after escaping to a distance and when they confirmed the money they finds out that money were leaves.

      A rich looking man was a racoon dog. It disguised itself to a human and paid monyey with were made of leaves.
      ※In Japan Racoon is said to be able to take shape of other animal or human.


      モリくんのおいもカー

      0
        評価:
        かんべ あやこ
        くもん出版
        ¥ 1,260
        (2010-08)
        コメント:おきもかーで最後まで楽しめました。

         4歳のたまちゃんがお気に入りの本。

        こうもりのモリくんは、ある日、さつまいもをけずって「おいもカー」を作りました。

        荷物を積んでドライブに出かけると、お腹をつかした仲間達(ねずみやかえるやきつね等)が
        つぎつぎとオイモを分けてもらい、ドライブに便乗します。

        どんどん穴だらけになっていき、おいもカーは、最後はバラバラに。

        みんなで、おやつタイムにして、おいもをゆでてスイートポテトを作って食べます。

        おいもを最後まで利用して楽しんだお話です。


        しょうぶだ!ぴょんすけとぴった

        0
           たまちゃん(4歳)お気に入りの絵本。

          ぴょんすけとぴったは、異なる特技を持つライバル同士のかえる。
          お互い、自分の特技を披露し、自分の方が優れていることを証明しようと競争している関係。
          がいざ、天敵に襲われた時は、相手の身を案じて助けにいかなきゃという気持ちが芽生える。

          とても爽快な友情物語。


          ダットさん

          0
            評価:
            こもり まこと
            教育画劇
            ¥ 1,050
            (2007-11)
            コメント:懐かしい!

             3歳のたまちゃんに、何度も「読んで」とせがまれる絵本。

            トーマスみたいに、電車とか、車を擬人化するような話が男の子は大好きだが、正直、親は読んでいてつらかったりする。が、この本は、昭和生まれの親を意識していて随所に大人も楽しめる要素がちりばめられている。

            内容は、車仲間が悪い、車組織の連中(アメ車)に捕まり、助けに行くみたいな単純な話なのだが、登場車が、昭和の時代を象徴するような懐かしい車がいっぱい出てくるのだ。

            また、呪文が「ルネントマパッオ」(追浜トンネル」の反対だったり・・・子供は分かるはずないので、大人と子どもが違う楽しみ方ができる本だと思う。




            とべバッタ

            0
              評価:
              田島 征三
              偕成社
              ¥ 1,470
              (1988-07-01)
              コメント:絵が素晴らしい!

               インパクトのある絵本。
              内容は単純だけど、絵が力強く、強烈で、3歳のたまちゃんは、大喜び。
              (字も少なくて、読んであげるのも楽・・・)


              いつも敵に狙われてびくびく暮らしていたバッタが、ある日大決断をして隠れることを辞める。
              どうどうと石の上でひなたぼっこをしていると、案の定、天敵が大挙して攻撃してくる。

              その瞬間、バッタは力一杯飛び上がって、次々と天敵をやっつけてしまう。
              くもがバラバラになったり、鳥は鉄砲玉があたったように射貫かれたり、結構絵が残酷なのだが、これまでびくびくしていたバッタの飛躍に、一緒にスカッとする。

              「面白い!」と思える、お気に入りの一冊だ。


              スイミー

              0
                評価:
                レオ・レオニ
                好学社
                ¥ 1,529
                (1969-04-01)
                コメント:懐かしい。

                自分の子供時代の記憶がよみがえる、懐かしい本。

                で、たまちゃん(3歳)に読み聞かせると大喜び。 やっぱり名著だ。

                この本は、絵もすばらしいし、物語の内容もいいよね。
                泳ぎの早い黒いスイミが、仲間の小魚と、大きな魚を演じて、天敵から身を守った話。


                おじさんのかさ

                0
                  評価:
                  佐野 洋子
                  講談社
                  ¥ 1,470
                  (1992-05-22)
                  コメント:大事なかさをぬらさないように大事にもちあるくおじさんが、始めて、傘を開きました。

                  3歳のたまちゃんは、楽しんでいました。 
                  7歳のさるくんは、あまり面白くなかったよう。
                  大人の私は、子供の頃に、大事なものほどしまいこんで使わなかったことがあり、その心理を思い出して結構共感できました。

                  今時の子はあんまり物に対する執着がないのかな〜。

                  ちなみに、絵も素晴らしく、物語的にも私には面白かった。
                  大人受けする本かも。



                  ぶたぬきくんうみへいく

                  0
                    評価:
                    斉藤 洋
                    佼成出版社
                    ¥ 1,365
                    (1999-08)
                    コメント:楽しいお話です。

                    たまちゃん(3歳0ヶ月)が大好きな本で、何度も読みかえしています。

                    たぬきさんに化け方を教えてもらって、いろいろな場面で楽しく化けるおちゃめなぶたぬきくん。大人も読んであげていて、楽しくなる場面がいっぱいです!


                    冒険者たち―ガンバと15ひきの仲間

                    0
                      評価:
                      斎藤 惇夫
                      岩波書店
                      ¥ 798
                      (2000-06-16)
                      コメント:めちゃくちゃ面白いです。寝る前に、毎晩1章づつ子供に読んであげていますが、親の私が引き込まれています。

                       7歳のさるくんが、はまった本です。
                      夜寝る前に1章づつ読んであげたら、毎日楽しみにして・・・

                      町ねずみのガンバが友人のマンプクの誘いにのり、港へ出かけていき、港ねずみや海を旅するねずみ達に出会う。会合に参加してかえるつもりだったのだが・・・イタチに狙われている島から、助けをもとめてやってきた忠太を見捨てることができず、ガンバは旅にでることに。
                      そして、共感する見方15名とイタチとの戦いに挑む。

                      未知の世界への憧れや恐怖、子供と同じような目線の話なので一緒にドキドキできるのかもしれません。また、ネズミのそれぞれのキャラクターも個性的に描かれていました。
                      ファンタジーですが、大人の私も読んでいて楽しかったです。



                      セロ引弾きのゴーシュ

                      0
                         演奏の下手で、楽団で気まずい思いをしているゴーシュが、夜な夜なセロの練習していると
                        動物達がたずねてくる。猫、とり、たぬき、ねずみ・・・

                        そして、楽団の発表日のアンコールですばらしい演奏をする。

                        動物達とのやりとりが、7歳のさるくんには印象的だったよう。



                        どうぶつしょうぎ

                        0
                          評価:
                          ---
                          幻冬舎エデュケーション
                          ¥ 1,273
                          (2009-09-05)
                          コメント:今幼稚園、保育園などで流行っているそうですね。 動物将棋、少ないコマなので、ルールが覚えやすく、わかりやすいです。将棋をしらない親でも相手ができます!! 先を予測したり、先読みによさそうです。
                          Amazonランキング: 264位
                          Amazonおすすめ度:
                          孫に刺激を
                          すぐにはくいつきませんでした。
                          成長によるけど、3歳には早いかも

                           今、幼稚園や保育園で流行っているそうです。
                          早速アマゾンで5歳のさるくんに購入してみました。
                          コマが少ないので、ルールをすぐに覚えられます。
                          また、ちょっとしたミスで親でも負けてしまうので、子供にも楽しいようです。
                          先を予測したりしながら、次の一手を考える、将棋のとっかかりによさそうです。


                          PR
                          calendar
                                1
                          2345678
                          9101112131415
                          16171819202122
                          23242526272829
                          3031     
                          << December 2018 >>
                          others
                          mobile
                          qrcode
                          powered
                          無料ブログ作成サービス JUGEM
                          JUGEMのブログカスタマイズ講座
                          今日は何の日
                          selected entries
                          categories
                          profile
                          search this site.
                          archives
                          recent trackback