【NEWS】山岳遭難 無線技術で救助 信越総合通信局など試験>>ドローンの活用

0

     

    遭難を未然に防ぐ対策及び、救助の負担軽減に、ドローン+無線技術の活用が考えられている

     

     

     

    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO51309840T21C19A0L31000/

     

    総務省・信越総合通信局が中心となって、山岳遭難者の発見・救助につなげる無線通信技術の実証試験が相次いでいる。次世代通信規格「5G」などの新技術や電波の有効利用を進め、遭難現場の情報を迅速に把握することを目指している。救助隊員の負担軽減にもつながる手法として期待される。

     

    試験では遭難者に見立てた人に、低消費電力で広域通信が可能な次世代無線技術「LPWA」の発信器を持って山に入ってもらい、位置情報を送信した。登山道から外れたり長時間移動がなかったりすると異常と判断し、ドローンを飛ばしてカメラで撮影・送信する。



    【料理】塩辛のスパゲティ

    0

      「塩辛」って、余りがちな食材だったりしませんか?

      賞味期限が来る前に使い切りたいですよね。

       

      年末年始、冷蔵庫を整理してた時に残っていた塩辛を使って、

      Cook pad で見つけたレシピで 塩辛と白菜のスパゲティー を作りました。


      余った白菜(1/4)をざくざく切ったものと

      余った塩辛(1/3ビン)を炒めただけ。

       

      それに茹でたスパゲティーをからめ、醤油をちょっとタラしました。

       

      (所要時間:10分程度!)

       

      → 塩辛とはくさい

       

      コクがあって、野菜たっぷりの和風スパゲティーは、子どもたちにも好評でした。



      【登山家】服部 文祥さん

      0

         

        あるとき、仲間と沢登りに行った時、食料を車に忘れたことに気づいた。

         

        その時、山仲間のひとりが、沢でイワナを捕ればいいよ。

         

        といって、なんと手づかみで、岩の間に入ったイワナを仕留めてくれた。

         

        さらに、そのイワナを沢の水で茹でて分け合って食べたのがすごく美味しかった。

         

        山登りは、ただ登るのも楽しいけど、食料調達の要素が加わるとさらに面白い。

         

        本能に訴えるなにかがあるのだろうか。

         

         

         

        サバイバル登山家、服部 文祥さんは、

         

        環境(自然)を壊すのではなくて、自分を高めて自然に合わせたスタイルで登山をする人。

        アルピニストとしてK2を登った実績もある、実力ある登山家。

         

        https://www.youtube.com/watch?v=NWTz1K6iwko

         

        イワナの裁き方

        https://www.youtube.com/watch?v=QEby8RJR30c

         

         

        https://www.youtube.com/watch?v=xMU52s8Q-i0



        【通信教育】スマイルゼミ(ジャストシステム) VS 進研ゼミ(ベネッセ)>タブレット教材比較

        0

          長男が 中学一年生の時に1年間 ベネッセの 進研ゼミで(タブレット教材を試しました。

          ベネッセは、Ipad mini が選べたので、持ち運びも便利で便利だと感じました。

           

          通信教材(タブレット)の良さは、いろいろありますが、進研ゼミを受講して感じたのは、

           

          ●機械が自動的に丸つけ行える

          ●苦手分野、間違ったところを何度も解き直せる

          ●達成・進捗状況が分かり、達成度の励みになる

          ●親も進捗状況をクラウド上で確認することができ、応援・監視が可能。

           

          総合的に考えて非常に良い教材と感じました。


           

           

          続きを読む >>

          子どもにもPDCA(PLAN,DO,CHECK,ACTION)?

          0
            日本能率協会マネジメントセンター
            ¥ 1,080
            (2018-06-23)
            コメント:今日の記事を見て買ってみた。生活習慣がぜんぜんなっていないたまちゃん向け。生活習慣、宿題の習慣。改善できるだろうか。

            JUGEMテーマ:学問・学校

             

            日経トレンドのニュースで目に飛び込んできた。

             

            https://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/pickup/15/1008498/101701520/?i_cid=nbptrn_pc_r1

             

            長年の課題である、生活習慣。

            毎日の習慣がいかに大事か。そして勉強の習慣をいかにつけるか。

            働く親の悩みに答えたノートらしい。

             

            それらしきノートを自己流でつくっていたが続かず。

            手帳のプロのノウハウの入った本書を活用してみたい。

             

             

            「小学生のための生活習慣力アップノート(以下、生活習慣力アップノート)」

            1・2年生用と3・4年生用、5・6年生用の全3種類

             

            教育に関心のある「働く親」がターゲット

             1・2年生用の生活習慣力アップノートを開くと、左のページには「家のおてつだいをした」「しゅくだいをした」などの項目と完了後にチェックを入れるスペース、さらに「ピアノの練習をする」など自分が今日やりたいと思ったことを書いて、完了したらチェックを入れる「To Doリスト」。右のページは絵日記と、親から子どもへのメッセージを書き入れるスペースがある。



            PR
            calendar
            1234567
            891011121314
            15161718192021
            22232425262728
            293031    
            << March 2020 >>
            others
            mobile
            qrcode
            powered
            無料ブログ作成サービス JUGEM
            JUGEMのブログカスタマイズ講座
            今日は何の日
            selected entries
            categories
            profile
            search this site.
            archives
            recent trackback